Photoshopで文字を金色にする方法

Photoshop

高級感や特別感を表したい時に使う色って分かりますか?

正解は『金色』です。

銀色も使う時がありますが、

やはり金の方が上です。

オリンピックのメダルもそうですね。

今回は、Photoshopを使って、

Photoshopで文字を金色にする方法

をご紹介します。

4つのSTEPで完成できますので、しっかり付いてきてくださいね!

STEP1 文字ツールを使いテキストを入力

①背景素材を開きます。

②横書き文字ツールを使い、テキストを入力する。

今回は、『honesty』という言葉を入力しました。

『honesty』は、素直とか、正直という意味です。

フォントは[sheila」で、文字の太さは[Bold]に設定しました。

自分好みのフォントや太さで書くことをお勧めします。違いが分かることも楽しみの一つになりますよ。

フォントによって、印象がガラリと変わりますから。

STEP2 レイヤースタイルで立体的にする

①レイヤー[honesty]のレイヤー名の右側をダブルクリックし、レイヤースタイルパネルを表示します。

②レイヤースタイルパネルの[ベベルとエンボス]を選択します。

※Photoshop基礎用語⑤ベベルとエンボスとは?

③ベベルとエンボスの構造陰影を以下の通りに設定します。

下の画像と照らし合わせながらやると良いです。

構造
スタイル:ベベル(内側)
テクニック:ジゼルハード
深さ:126%
方向:上へ
サイズ:35px
ソフト:2px

陰影
角度:0°
高度:30°
光沢輪郭:リング
ハイライトのモード:通常
カラー:#ffffff
不透明度:100%
シャドウのモード:焼き込み(リニア)
カラー:#000000
不透明度:80%

④次に[輪郭]の設定をします。

輪郭にチェックを入れて、

エレメントを[輪郭:くぼみ-浅く]

[範囲:75%]にします。

すると、[honesty]のテキストが

光沢を帯びた立体になりました。

ここまでの工程で全体の半分まできました。

あと半分頑張れば完成となります。

STEP3 グラデーションオーバーレイを選択し金色にする

①レイヤースタイルのグラデーションオーバーレイを選択します。

グラデーションのカラー部分をクリックし、グラデーションウィンドウを開きます。

上の画像の①~④の4箇所を以下のように設定します。

①カラー:#ffcc01 位置:0%

②カラー:#f8df7b 位置:50%

③カラー:#ffd558 位置:70%

④カラー:#ffd30e 位置:100%

②レイヤースタイルパネルのグラデーションオーバーレイに戻り、以下のように設定します。

グラデーション
描画モード:通常
不透明度:100%
スタイル:線形
シェイプ内で作成
角度:90°
比率:100%

上記の通り設定すると、

テキストが金色になりました!

パチパチパチパチ!

最後に仕上げをします。

STEP4 発光したような表現にする

レイヤースタイルの[光彩(外側)]を選択し、構造エレメント画質を以下のように設定します。

構造

描画モード:オーバーレイ
不透明度:100%
ノイズ:0%
カラー:#ffffff

エレメント

テクニック:さらにソフトに
スプレッド:0%
サイズ:57px

画質

輪郭:線形
範囲:50%
適用度:0%

上記の設定をすることにより、テキストを発光させることができました。

筆記体の滑らかなカーブが、金色を表現するには合ってますね。

ライブのフライヤーやブライダルなどの特別なイベントで、力を発揮してくれます。

是非ともチャレンジしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました