Photoshopで写真を色鉛筆画風にする方法

Photoshop

子どもの頃、描いた絵に色を着ける時、あなたはどのようにしていましたか?

発達段階によって変わりますが、

クレヨン→色鉛筆→水彩絵の具

などだと思います。

最近は、コロナの影響で新しいことに挑戦している人も多いと思います。

通信講座でも人気なのが、

『色鉛筆画』

です。それでも、

『絵は苦手だし、鉛筆画も難しそう』

と思っている方も多いと思います。

でもご安心ください。Photoshopを使えば、そんなお悩みもすぐに解決できます。

今回は、

Photoshopで写真を色鉛筆画風にする方法

をご紹介します。こちらの写真を使って説明します。

STEP1 画像を複製し非表示にする

①画像を開いたら、レイヤーを複製します。

②背景のコピーの左にあるめだまある目玉をクリックし、非表示にします。

③背景レイヤーをクリックし、フィルター→表現方法→輪郭検出を選択します。

すると、このような画風になります。

④イメージメニュー→色調補正→白黒を選択します。

⑤白黒画面が開いたら、[プリセット:初期設定]としOKをクリックします。

すると、鉛筆画風の描画になります。

STEP2 描画モードを変更する

①[背景のコピー]レイヤーの左側の目玉をクリックし、再表示にします。

②背景のコピーのレイヤーを選択し、描画モードを[ビビッドライト]を選択します。

先程の鉛筆画風の描画に色が加わり、色鉛筆画風に仕上がりました!

完成形はこちらです↓

比べると違いがよく分かりますよ。

風景などにも適用できます。

比べてみましょう。

まとめ

描画モードの不透明度を画像によって調整すると、より良い作品に仕上げることができます。

ぜひあなたも挑戦してみてくださいね!

今回もトミナガハルキさん著作の

『#ズボラPhotoshop』

を参考にさせていただきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

#ズボラPhotoshop 知識いらずの絶品3分デザイン [ トミナガハルキ ]
価格:2178円(税込、送料無料) (2021/6/3時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました